スポンサーサイト
2014.10.02 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - |

この記事の内容が役に立った、感想に共感したなどありましたら、 ”ぽちっとな”、して帰って下されば
嬉しいです。 拍手する
レコメンのスポットCM
2010.05.30 Sunday 00:47
JUGEMテーマ:
 
相葉くんのラジオ、レコメンの文化放送で流れているスポットCMなんですが。
お友達に聴かせて頂いたので、レポします。

☆2010年4月頃まで流れていたもの(直前スポット)
相葉くん一人の声で。

「この後、24時からは、嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス。
この番組のスタッフは、遅刻はするし、早退もします。携帯だって鳴らしちゃいます。
そんな中、相葉雅紀、懸命にしゃべり続けています。もう、早7年、青春を捧げております。
嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス。よろしく!」


☆2010年5月頃から流れているもの(直前スポット)
相葉くんと、近澤さんの二人で。

相:「この後、24時からの嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックスは、ちょっと過激でセクシーな」
近:「よっ!」
相:「ここでしか聴けない」
近:「人気者!」
相:「あんなことも」
近:「ハズカシイ〜!」
相:「こんなことも」
近:「エロエロ」
相:「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス。この後、24時から」


☆直前以外の時間に流れているもの
相葉くんと、近澤さんの二人で。

相:「毎週金曜日、夜24時からは、嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス。
清純派スーパーアイドル相葉雅紀と」
近:「ちょっとピンクなチカさんの」
二人:「男子校トーク全開でお送りします」
相:「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックスは、毎週金曜日、夜24時から」


−−−
直前と、それ以外の時間で、2種類あるようです。
どちらも、最近はチカさんと二人のバージョンになっているようです。
チカさんが、けっこう高めの声で「エロエロ」と言ってたりとか、けっこう笑えました。

直前のは、以前は、23:50過ぎに流れていましたが、先週は、23:37と、少し早めに流れるようになっているとのことです。




| ゆきの | ラジオレポ | comments(1) |

この記事の内容が役に立った、感想に共感したなどありましたら、 ”ぽちっとな”、して帰って下されば
嬉しいです。 拍手する
読売新聞夕刊
2010.04.02 Friday 19:53
JUGEMテーマ:

本日の読売新聞夕刊・関東版に、相葉くんのラジオに出演している放送作家のチカさんこと、近澤浩和さんの記事が載っています。

ラジオ欄と同じ面(12面)の「みんなの質問箱」というコーナーだそうです。
木曜日って言ってたのが金曜日になったようですね。

残念ながら、関西版には記事はありませんでした。

| ゆきの | ラジオレポ | comments(2) |

この記事の内容が役に立った、感想に共感したなどありましたら、 ”ぽちっとな”、して帰って下されば
嬉しいです。 拍手する
ラジオの話題
2010.03.24 Wednesday 04:32
JUGEMテーマ:

昨日、お友達と話してて、意外と知らない方も多いようなのですが、今月15日から、関東と関西で、ネットでラジオが聴けるようになっています。
関東は関東のラジオ局、関西は関西のラジオ局が対象なので、他の地域の番組が聴けるといわけではないので、関西ではやっぱり、嵐の番組は、ABCラジオのレコメンしか聴けないのですが。
始まってすぐは回線の状態がよくなかったようで、最初私が試したときは、聴けなかったのですが、今はけっこうクリアに聴けてます。
8月までは試用期間だということで、地域限定ですが、関東と関西在住で、パソコンをお使いの方で興味ある方は、一度お試し下さい。

【radiko.jp】


☆3月19日のレコメン
今回も、文化放送バージョンと、ローカルバージョンで、オープニングとエンディングが微妙に違ってたので、その部分をレポしたいと思います。

・オープニング
花粉症の話をしていて、ローカルでは、毎年予防注射しているけど、今年はしないで頑張ってるって話をしていました。
文化放送では、注射の話はしてなくて、先週も話してた、チカさんが読売新聞に載るという話で、もう取材が済んだようで、写真撮ったの?という話をしてました。

・エンディング
ローカルより、文化放送の方が長く話てて、DVDの告知で、チカさんが「大画面で見ましょう」と言ったら、相葉くんが「でもそれは、人によって違うでしょ」みたいに突っ込んだら、チカさんが、
「小画面でも見ましょう。パソコン画面でも見ましょう」と付け足してました。
舞台の告知のところでも、相葉くんがチカさんに「どんなストーリーだと思う?」とか聞いてて、
チカさんが「子供がいた」とか、「マイガール」と間違えたようなボケをかましてる会話がありました。

☆3月21日のベイスト
2週間ぶりくらい?のSTBYさんのご登場で、以前、潤くんのラジオで言っていた、潤くんとSTBYさんが一緒にNYに行っていたという話題が出てました。
ニノは既に、潤くんとその話をしてたようで、潤くんに、STBYさんが本当に英語がしゃべれるのかを聞いたところ、そこそこしゃべってたけど、ただ発音はめっちゃ汚かった、と言ってたそうです(笑)

☆3月22日のARASHI DISCOVERY
智くんが、「怪物くん」の話題をしてたそうです。
主題歌が嵐であることや、特殊メイクの話で、耳がぷよぷよして気持ちいいとか言ってたとのこと。
あの耳は、使い捨てだそうで、全部貰って帰って、それで何か作ろうかな、とか言ってたそうですよ。
智くんの耳作品、楽しみですね(笑)


 

| ゆきの | ラジオレポ | comments(0) |

この記事の内容が役に立った、感想に共感したなどありましたら、 ”ぽちっとな”、して帰って下されば
嬉しいです。 拍手する
ラジオの話。
2010.03.15 Monday 04:50
JUGEMテーマ:

今回の潤くんラジオで、メールを読まれてた「ゆきのさん」は、私ではありません(笑)

土曜日、お友達からメールが来てたんですが、私、潤くんのラジオにはメール出したことはないです。
レコメンとベイストには、たまに出してるんですけどね〜。
ベイストで過去に一度読まれたことがあるんですが、それ以降は全然・・・
しかも、そのときのペンネームは、「ゆきの」にはしてなかったので、ニノちゃんに「ゆきのさん」と呼ばれるチャンスを逃しました(笑)
まあ、「拝啓・・・」で、散々「ゆきのちゃん」とは呼ばれてましたけど〜。

ところで、金曜日深夜に、某所で、レコメンの話題を書き込みされてるのを見てたら、「貞子」がどうのこうのって書いてあったんですけど、ローカルバージョンでは、そんな話題してなかったので、何だろうと思って、関東のお友達に頼んで確認したんですが。

そしたら、びっくり!
文化放送の方が時間短いのに、ローカルではしてない話題が2つくらいありました。

まず、その「貞子」のくだり。
「教えて!相葉ちゃん」のコーナーで、相葉くんは、ホラー映画とか、怖い系のものを見ますか?という質問があって、その答えの中で、「貞子」の話をしていました。
映画撮影のとき、監督が貞子役の人に、まつ毛を全部剃れって言ったら、拒否されて、急遽、ADの人が代わりに剃って撮影したという話。
これって、以前、相葉くんが「知らない方が幸せだった事実」でやってた話題なんですが、
相葉くん、今回のラジオでは「何かで言ってた」とか言ってました。
自分の番組やろ(笑)

それと、あと、エンディングで、今度発売されるDVDの告知をしていて。
そのDVDに、相葉くんの例のあの写真(こないだMステでも映ってたあれです(笑))の映像も入るのかって話をしてました。
コンサート会場では全開だったけど、あの部分はどうするのかって話で、チカさんと盛り上がってました(笑)

ローカルでは、そんな話、全然流れてませんでしたよね。
時間だけでなく、内容も統一して欲しいですよね〜。

ちなみに、これはローカルでも流れてたことですが。
チカさんが、今度、読売新聞、木曜日夕刊の「みんなの質問箱」というコーナーに載るそうです。
相葉くんのラジオに出てるチカさんて何もの?ってことで取材されるそうですよ。
取材はまだこれからだそうで、3月から4月中には掲載されるそうです。
関東だけなのか、全国版かはわからないので、読売新聞とられている方は、載ったら、ぜひ教えて下さいね〜。

 


 

| ゆきの | ラジオレポ | comments(0) |

この記事の内容が役に立った、感想に共感したなどありましたら、 ”ぽちっとな”、して帰って下されば
嬉しいです。 拍手する
週末ラジオねた
2010.02.15 Monday 03:22
JUGEMテーマ:

☆金曜日の相葉くんラジオで、「Troublemaker」のPV撮影のお話があったのですが、相葉くん曰く、「パラパラ漫画のような」ところあるとか(笑)
そろそろ2週間前なので、PV解禁もあるかもですね。
ドラマの主題歌なので、TBS系が要チェックでしょうか。


☆土曜日の潤くんラジオで、10周年ツアーグッズの会場限定チャームの色についてのお話があったそうです。
昔のメンバーカラーだったのでは?など、いろいろな憶測が飛び交っていましたが、結局は、あえて、メンバーカラーにはしなかったとのことでした。
メンバーの色にしてしまうと、どの会場は誰みたいになって、何でそうなったの?みたいになるのが嫌だったのと、
コンサートは5人でやっていることだから、その場所が誰って限定されたくないっていう思いがあったとのことです。
真相がわかって、よかったですね。


☆昨夜のニノラジオで、先日、潤くんのラジオにSTBYさんが出たことについての話題があったそうです。
潤くんに、「もうモノマネは絶対にしない」と宣言させられたという話をしていたのに、STBYさんが潤くんのモノマネで言っている「どうか穏便に」のコーナーのタイトルコールを流すかどうかの話題になったときには、STBYさんが「流さない」と言うと、ニノが「JunStyleに魂を売ったのか」みたいなことを言ってたそうです。
このラジオ番組間でのやりとりは、しばらく続くのでしょうか?(笑)

また、「GANTZ」の撮影で神戸に行っていて、神戸で家電量販店に行って、びっくりした、というような話をしていたそうです。
何に驚いたのかというと、水など、家電以外のものも売っていて、車まで売っていたのに、大変驚いたのだそうです。
ニノから、関西の話題が出るとは、何だか嬉しいですね。



| ゆきの | ラジオレポ | comments(0) |

この記事の内容が役に立った、感想に共感したなどありましたら、 ”ぽちっとな”、して帰って下されば
嬉しいです。 拍手する
ラジオねた
2009.09.12 Saturday 21:27
JUGEMテーマ:

☆ラジオねた その1

今朝も書きましたが、木曜日のレコメン、後半でも、ヨコが智くんの話をしていました。
ドラマの撮影が始まる前に、ヒット祈願や安全祈願のためにお祓いをしてもらったときのこと。
一人づつ、名前を呼ばれたら前に行くそうなのですが、智くん、「大野智」って呼ばれて、前に行ったところで、ズルッってこけたそうです(笑)
「ほんま、やってくれるわ〜」って、ヨコちゃん、めっちゃ感心してました(笑)


☆その2
今朝の潤くんのラジオで、潤くんがニノのためにジグソーパズルを作成中だと話していました。
嵐でお台場合衆国に行ったとき、VS嵐のブースへ行く前に、ドラクエのブースに立ち寄ったそうで、そこで、ニノが一番気に入ってたのが、ドラクエのジグソーパズルだったそうで。
潤くんが、まだニノに誕生日プレゼントをあげてなかったので、それを買って、しかも、それを作ってプレゼントするよってことになったのだそうです。
がんばって作ってるけど、中々進まないそうで、まだタイトル部分が出来たくらいだとか。
最近、家で、仕事以外のことでやっていることと言えば、それだそうで、何とか年内には仕上げたいって言ってました。

| ゆきの | ラジオレポ | comments(0) |

この記事の内容が役に立った、感想に共感したなどありましたら、 ”ぽちっとな”、して帰って下されば
嬉しいです。 拍手する
櫻井:文化放送ジャック
2009.02.26 Thursday 23:59
JUGEMテーマ:

☆櫻井くん文化放送ラジオジャック
「笑顔でおは天!!」(5:00〜6:00)「Believe」+櫻井くんコメント
「吉田照美ソコダイジナトコ」(6:00〜8:30)「Believe」+櫻井くんコメント
「くにまるワイドごぜんさま」/「おっとくにまる」(11:00〜11:10)福田沙紀さんゲスト出演+「Believe」
「寺島尚正ラジオパンチ」/「聞き耳パンチ」(12:35〜12:45)福田沙紀さんゲスト出演+「Believe」
「大竹まことゴールデンラジオ」/「大竹メインディッシュ」(14:20〜14:50) 櫻井くんゲスト出演+「Believe」
「玉川美沙たまなび」/「なるほど番長」(16:35〜16:50)幻のケチャップくん企画、「Believe」
「竹内靖夫の電リクハローパーティー」 (18:00〜21:00) 「Believe」+櫻井 くんコメント
「レコメン」(22:00〜25:00)櫻井くんゲスト出演+「Believe」


| ゆきの | ラジオレポ | comments(0) |

この記事の内容が役に立った、感想に共感したなどありましたら、 ”ぽちっとな”、して帰って下されば
嬉しいです。 拍手する
「ANA HOLIDAY AIR CURRENT」(J-wave)
2008.07.21 Monday 21:56
JUGEMテーマ:

レポ作成:まみっちさん


ゲスト:櫻井翔

『』「」なし 翔くん
「」望月りえさん
『』葉加瀬太郎さん


「嵐のメンバーとしてさらに最近はね、テレビの報道番組でキャスターとしてもご活躍中です。自己紹介お願いします」
おはようございます。櫻井翔です。よろしくお願いします。
「おはようございます」
『ありがとうございます。すいません。朝早くから』
いえー、とんでもないです。楽しみにしてきました。
『毎日朝は割と早く起きるほうですか?』
いや、起きない方です(笑)
起きない方ですけど、でももう最近なんか休みの日とかあってもあんま午後まで寝てんのももったいないと思い始めあの、休みの日もちょうどこの時間ぐらいに10時ぐらいには目覚ましをかけて起きると。
まぁ、その普通の人からしたら10時でも十分遅いと思いますけど。
『ま、でもね。今いくつになったの?』
僕、26です。
『26か。26ぐらいだったらやっぱこう色々夜中の生活、夜の時間っていうのも大切だもんね。』
そうですね〜。
「番組は夜ですもんね。」
そうですね。
あのー、ニュース番組出させていただいてるんですけど、それまぁ終わって12時ぐらいですか。
で、まぁ、打ち合わせだなんだ終わるとまぁやっぱ1時2時ぐらいにはなっちゃうんですけど、でもね、なんかもったいないんですよね〜。
『わかる(笑)大丈夫、でも俺今40なんだけど、40になると大体朝起きちゃうんだよね(笑)』
目が覚めてしまう。
『覚めてしまう(笑)キャスターっていうお仕事っていうのは』
はい。
『これどう、ですか?今までやってきたいろんなエンターテイメントのものとやっぱ違うでしょ?』
違いますね〜。
僕はてっきりこの事務所入った時に、あの〜。
『ジャニーズね。』
はい。
スーツを着ない仕事をするもんだと思ってたらめっきりネクタイ締めてスーツ着る機会が増えましてそれがやっぱ1番不思議ですね、なんか。
『なるほど』
はい。
で、まぁ、あの、やっぱそのナマモノというか報道番組なので僕が出させていただいているニュースは報道なんで、その時々で番組の内容も変わっていきますし、まぁエキサイティングというのがまず1つと、あとはまぁ、言葉だったりこう表情だったり、ま、色々気をつけなけらばならないこともたくさんあって。
『あのー、要するに非常に幸せなハッピーなニュースもあれば、そうじゃないニュースもあるわけじゃない?』
そうですね。
『その両方を、に、どういう風に考えをコメントしていくか、やっぱとっても難しいことでしょう?』
そうですね〜。
やっぱりそのー、ハッピーなニュースの時はほんとに多くの人に知ってもらいたいし、悲しいニュース、辛いニュースの時はそういうことがなるべく起きないようにっていう気持ちを裏側に持った状態でコメントしていくってすごく難しいです。
でも、すごくやりがいがある。
『楽しいですか?』
楽しいですね。
『ほんと〜。』
はい。
「でも、解説とかもされている時があってすごいなんか聞き入っちゃいます。」
あー、ほんとですか?
「はい。」
なんかこう、僕まぁその20代なかごろなんですけど、26歳なんですけど、こうなんか普段ニュースなんか見ない人とかが「あー、それそういうことなんだ」ってなんかちょっとわかってもらえるきっかけになったらいいなと思ってやってるんですけど。
「はい。なんか同じ言葉でこう教えてくれるっていう感じがするんですよね。壁がないというか。はい。」
なんで、けっこうあのコンサートとかやっていても、あの、【ニュース見てます】みたいなうちわがあったりして。
『そっか。ニュース見てますって書いたうちわか。これはジャニーズ史上初めてだろうな。』
去年ビックリした。
「たしかにそうですよね〜」
去年の7月、参院選の特番やらせてもらったんですよ。
そしたらうちわで【選挙行きました】っていううちわがあったんです。
ただまぁ、僕も選挙委員会の人ではないのでどうお礼をしたらいいのかちょっとわかんなかったんですけど・・・
『いやでも、それすごいよ。貢献してるよね』
ま、何かその。
『うん。』
1票ですか。動くきっかけにはなったかなとは思いました。
『そうねぇ。』
「でね、この夏には。」
『はい。』
「日本テレビ系の北京オリンピックのメインキャスターとしても活躍ということなんですが」
ありがとうございます。
『これまたさー、オリンピックという非常に世界のね、大きな祭典、それがこの今度またキャスターといえどもメイン、これはけっこうプレッシャーもあるんじゃないですか?』
ビックリしましたね〜(笑)
『ぶっちゃけ、ちょっと』
いや、なんか、メインとかついちゃってこれどうしようって、これ最初は感じでしたけど、感想でしたけど、ただこれもほんとにいろんな偶然があってやっぱり、この僕ニュース番組そのキャスターやらせていただいてまもなく2年になるんですけど。
『はい。』
このタイミングでオリンピックがまぁ北京で、アジアで行われる、近い場所で行われる、そのタイミングで参加できるっていうのはねすごくいいタイミング、偶然だったなぁと思いました。
『北京へはもう行かれましたか?』
えーと、そのキャスターとしてというか仕事として行ったのが3月に行ってきたんですけど。
『はい。』
その時はまだ、5ヶ月前だったんですけど、まだあのメインスタジアムの前とかも周りとかも工事いっぱいしてて、間に合うのかなぁっていう感じがあったんですけど、ま、きっと間に合っちゃうんでしょうね。
『これわりと中国の常だと思うんですが、いい意味でも悪い意味でも最後までまぁ頑張るというか最後の方で頑張る(笑)』
夏休みの宿題的な(笑)
『僕も10年前初めて北京行ったのがやっぱコンサートだったんですけど
へぇ〜〜〜。
『ま、コンサートの前々日に入ったわけ。で、そのあるホテルの大きな宴会場、バンケットルームの予定だったのね。
そこに到着して、ホテルにチェックインした後、まず次の日がリハーサル、で、その前に会場見ときましょうって言ったらやはり同じことで会場がまだできてなかったんだよ。』
え〜〜〜っ!!
間に合うんですか?
『明後日なんすけど〜(笑)ほんとに工事してました』
へぇ〜〜〜。
『はい。で、去年またお仕事で行ったんですけど、そのね、10年経って行って北京に降り立った瞬間、別の町、別の国、別の星だと思った』
そんな変わってたんですか?
『ほんとに新しい町が作られてたね。10年間で』
あぁ、そうですか。
僕あのプライベートで行ったのが3年前だったんですけど。
『そん時はだからもうほとんど完成してる』
っていうことですよね〜。
あんまりその差っていうのは感じなかったんですけど。
でも、まぁ今も刻一刻と変わってるんでしょうね。
『そう。どんどんどんどんやっぱり今作っている、ビルのほんと1番今盛り上がるぞっていう超右肩あがりだと思うんですけどね』
そうですよね。
『だからこうほんとに北京の中心地っていうのは、すっごい近代化されてるし、と思えば1歩外に出るとまだ牛が車ひいてる状態だからね。
それが通り1本でそうなっちゃうような…
もちろんだから古き良き、ま、市内にあったふうとん(?)とかもどんどんなくなってきてるものの、やっぱりそのちょうど30年40年前ぐらいのこう東京とか日本の町を作るぞっていう時の盛り上がりっていうかエネルギーみたいなものが、町全体に人全体にこう溢れてるような』
「2日間でコンサートね、会場できるぐらいですから(笑)」
ほんとですよね〜。
『すごいんだよね〜』
普通できないですもんね〜。
『ほんとでも、今回の北京オリンピックその間はずっとオリンピック期間中ってのは』
はい。
『北京にいるわけだ』
北京にはずっと向こうに。
『なるほど』
ただまぁなかなか、そこの観光に行ったりとか、北京の町を満喫するってとこまではいかないかもしれないですけど。
『はい』
ま、目下オリンピックを満喫しようと思って。
『そうだよね』
はい。
あのー期間中はびっちりずっと向こうにいたいなって思ってます。
『あと、北京ダックで安くてうまい専門店知ってるから後で』
ふはははは(笑)
「そうなんですか」
それはいいことを。
「さぁ、この後はですね櫻井さんの憧れの旅、夢の旅を伺いたいと思うんですけど」
はい。
「ここで1曲。あの櫻井翔さん、海外旅行に持っていく1曲って何かあればここで」
そうですね。
ちょっとゆったりとした気持ちになりたいなと思って選びました。
ジャックジョンソンでネバーノウ。

♪ジャック・ジョンソン/ネバーノウ♪ 

 

| ゆきの | ラジオレポ | comments(0) |

この記事の内容が役に立った、感想に共感したなどありましたら、 ”ぽちっとな”、して帰って下されば
嬉しいです。 拍手する
サタケミキオと宅間孝行(TBSラジオ)
2008.06.26 Thursday 22:08
JUGEMテーマ:

レポ作成:まみっちさん


ゲスト:松本潤


花男の脚本家である、サタケミキオさんのラジオ番組に潤くんがゲスト出演したときのものです。

『』が潤くんです。




嵐の松本潤さんです。
『どうも、こんばんは〜。松本潤で〜す』
はい。考える気まったくない感じで(笑)ありがとうございます。
『どうも』
松本潤さん、これあらためてですね〜。
『はい』
これプロフィール。
『はい』
1983年生まれの24歳
『はい』
10代の頃からジャニーズJr.の一員としてドラマ・舞台に出演、99年、えー、嵐メンバーとしてCDデビュー。
グループとしての活動の他、隠し砦の三悪人、そして花より男子ファイナルに出演ということでですね〜。
『はい』
もう絶好調ですね、潤くん。
『いやいや、そんなことありません』
僕とあの潤くんのですね。
『はい』
そもそもの馴れ初めは、まぁ、やっぱ花男なんですけどね。
『そうですね〜』
そう、ま、俺さ〜、貧乏劇団員だからさ。テレビとか見ねーじゃん。
『ふふっ(笑)何』
それに。
『何、その言い方(笑)』
って、見なかったの当時ね。
『うん』
全然見てなくて、俺が知ってる若手はアタックNo.1の方は書いてたから、アタックNo.1の方に出てた女の子たちだけは知ってたんだけど。
『上戸さん』
そうそうそう。そういう子たちはわかってたんだけど。
それ以外、ほんと知らなくって俺。
『うん』
F4の人たちは、あの、こういう人たちですって。
『うん』
プロフィール見せてもらった時に、あの下に、ジャニーズ事務所って書いてあって。
『うん』
あっ、松本くんってういうのはこれはジャニーズ事務所の人なんですねってみんなにしつこく笑われて。
『へー』
えっ、知らないの?って言われて。
あー、すみません僕テレビとかないんでって言ってたら『あっ、【らん】っていうチームなんですねって(笑)』
『あははははっ(笑)』
あはははっ(笑)
『【らん】じゃないでしょ(笑)
なんかそういうバンドはあるだろうけど』
銀蝿とかじゃねーんだよ。
『ほんとだよ』
そういう風の感じぐらいでした。
『ねー』
当初は。
『いや、だって、僕も正直、ねぇ、セレソンDXを知らなくて』
うん。
『ピエロを中野のポケットかなんかに見に行って、すっごい面白くて、この後なんかご飯食べに行くって誘ってもらって、で、行ったのが始まりですね』
ねー、その後、潤は、この子いい子だから。この子なかなかできる子だから。
雑誌のインタビューで、あの、今1番はまってるものってとこに東京セレソンDXって書いてあんだよ、こいつ(笑)
『いやいやいや、それはほんとですよ、あのー』
そん時に俺初めて、実はお前に心を開いた。
『あはははっ(笑)おせー』
あははははっ(笑)
『それだいぶ経ってからだな。あっ、そっか・・・』
嘘だよ、嘘。
『あはははっ(笑)』
それは。それは早かったよね。
『いや、早かったっすよ』
あれだよな、だって、あの、顔合わせん時に。
『うん』
すでに、よぉ!みたいな、普通に。
『そうだったね』
うん。潤は?みたいな、なんか宅間さんはみたいな。ほぼタメ口だから。こいつ。
『あはは(笑)』
宅間さんは〜?みたいな、じゃあ、それ見てみんながちょっと、え、なぜ?みたいな。
『そうそうそう(笑)』
ちょっとビックリ。
『そういう空気あったね』
あったね。すっごいあったね。
ほんで、あっ、でもやっぱりね、こう夜中に電話がかかってきたりすると、あー、失敗したなって思ったりするんだけど、仲良くなって。
『いや、違うんですよ、あのね、最近ね、宅間孝行ね、俺の電話出ないんですよ』
出るよ、出る。
『出ないんだよ、ほんとに』
出れないの(笑)
『いや、だって、出れないっつったって、コールバックぐらいしたっていいじゃないですか、だからね』
してるじゃん、けっこう。
『いや、してないですよ』
してるって。
『いや、じゃあ』
あのね、してない、取らない時は。
『うん』
もう、すっごい遅い時間に。
『うん』
お前、1時ぐらいにこれから飲みに来ない?は出ない。
『あははははっ(笑)
おかしいんだよな〜(笑)』
それは出ないよ〜。
だって、これから絶対飲みに来てよ〜、みたいな、絶対、なんで来ないのぐらいの。
『いや、違う違う、それは言ってるだけで別に飲みに、あの、来ることがマストじゃないんですよ』
うん。
『久々になんか元気かなっていう、声が聞きたいみたいなのもあるじゃないですか』
あはははっ(笑)ああいう時すごいよね。なんか着信見たら。
『うん』
小栗旬と松本潤と瀬戸口さんと石井さんと山口さんとで全員(笑)
父ちゃん、母ちゃんと全員でかけてるような。
もう、もうだいぶこれ話してて時間いっぱいいっぱいぐらい?あぁ、ほんと。
ま、そんなね僕と、あの、松本さんの共通点と言えばやはりこの花より男子という作品でございまして。
『はい』
これがついに、えー、6月28日にファイナルが公開ということで。
『はい』
道明寺司役を演じる松本潤さん。
『はい』
そして私サタケミキオ名義で脚本を担当しておりますので。
『はい』
脚本家・出演者の立場からイロイロ話していこうじゃないかと思っております。
『いいですね〜』
はい。
その前に一旦CM。
TBSラジオサタケミキオと宅間孝行、今夜のゲストはこの方。
『6月28日映画花より男子ファイナル、道明寺司こと松本潤です』
嵐の松本潤さんです。
花より男子ファイナル。6月28日公開。
TBSテレビで放送され高視聴率を獲得したドラマシリーズ、花より男子の映画版。
出演、松本潤・井上真央・小栗旬ほか。
テレビシリーズのラスト、井上真央演じる牧野つくしにプロポーズした松本潤演じる道明寺司。
今回の映画版は2人の結納、その席でつくしは大財閥である道明寺家から家宝のティアラをプレゼントされるが、何者かに強奪されてしまう。
ティアラを追ってラスベガスに向かう司とつくし。
さらに香港・南の島へと続いていく旅の中で、つくしは道明寺との結婚に迷いを感じ始める。
果たして2人の旅はどんな結末を迎えるのか・・・
はい、この花より男子ファイナルなんですが脚本を、えー、私が担当いたしまして。
『はい』
一応全編オリジナルということで。
『そうですね』
まぁ、オリジナルといいましてでもですね、まぁあの神尾先生と。
『はい』
イロイロご意見も入っているので。
『はい』
ま、ある意味神尾先生や、ま、プロデューサーやいろんな方々のね、こう・・・
『チームプレイですね』
チームプレイということで。
もう、そのチームで、ま、これね、何年もこれやってきたという。
『んー、3年ですか?』
3年。
『3年にわたってこのシリーズやってきましたから』
これ、設定はですね、ドラマのリターンズですね。
『はい』
の、最終回からの4年後ということで。
『はい』
つくしちゃんが、えー、英徳の大学に入り、そして、えー、卒業・・・
『間近』
間近というところから、井上さんとF4が22歳、23歳というところからスタートということでね。
『はい』
監督はドラマシリーズの演出もチーフディレクターとして、えー、やってらした石井康晴監督で。
『はい』
ドS監督と言われてる。
『ドS監督』
ドS監督で(笑)
『殺されるかと思った(笑)』
もう、その、ふふっ、この作品に関しては、ね。
『はい』
これ映画化が決まって撮影はいつからいつまで行われたかといいますですとね。
『撮影が1月の14から4月の3日ですかね。すっげー、記憶力いい』
すごいね〜。
『ね〜。やっぱファイナルじゃないですか、今回』
うん。
『花より男子シリーズ完結編なんで』
うん。
『みんながこう、すごく時間を大事にしてた感じっていうのはありましたね』
うーん。この映画の見所、ここですよ、ここというポイントに絞って話を。
『難しいなぁ、1ヶ所に絞るのは・・・そうですね』
まずは潤がオススメのポイント、ま、何ヶ所かあるの思いつくままでもかまわない。
『いや、やっぱり、あのー、牧野つくしと道明寺司の結末はどういう風になるのかってとこじゃないですか?』
うん。
『1番は』
ねー、このラストがねー。
『はい』
この映画のラストがどこに向かっていくのか。
『ですねー。シリーズ完結編ですし』
うん。
『えー、まぁ僕ん中ではシリーズ最高傑作だと思いますよ』
おぉっ。
『はい。正直』
ほんとですか!?
『思いますよ。ほんとに思います、これは』
ま、その何、具体的にこのシーンとかっていうよりはもう、ま、難しいね、これ。
『いや〜』
俺あるよ、でも。
『あっ、そう、どこですか?』
まず、俺ね、けっこうねキチンとあってね、2つ。
『ほー』
あのね、1つは潤のシーンと1つは真央ちゃんの、ま、みんなのシーンなんだけど。
『うん』
やっぱりこう、F4とつくしが。
『うん』
5人でのこう会話っていうのを楽しみにしてる方多いと思うんですけど。
『はいはいはい』
やっぱりそこはねー、ぜひとも楽しみにしていただきたいなと。
『え、それはちなみにあのー』
うん。
『みんなそろって』
うん。
『あそこ、じゃあ、2階でしゃべってるとこでしょう?』
そうそうそうそう。
『だよね』
うん。
『あそこ、ものすごい大変だったんですよ』
あ、そう。
『はい。すごいんですよ、あれねー、ほんとにみんなが揃わないからっつって』
うん。
『みんなのスケジュールを合わせてたら、えーとね、みんなが最初に集まれんのが夜の11時だっていうわけ』
うん。
『3時ぐらいにスタンバイ終わって、じゃ撮りましょうっつってやり始めて』
うん。
『なんだけどさー、あのシーンものすごい僕しゃべってるんですよ』
うん、しゃべってんねー。
『ほんで、えーとね、頭の、えーとね、どれぐらいかな?ページでいうと1ページぐらいしゃべってるから』
うん。
『これはもう時間も時間だし』
うん。
『1テイクでちょっといこうって石井さんが言い始め』
うん。
『みんながそろって、みんなでどんでしゃべるのってさ』
うん。
『そこが多分、撮影の中で始めてに近かった』
ふんふん。
『の中で、やっべーなこれ、と思って』
うん。
『やってた記憶がありました。そんで、その最中に僕は、その、セリフが多いから』
うん。
『テンポとか含め』
うん。
『一生懸命思い出そうと思って』
うん。
『関係性とか、その、感じをね』
うん。
『なんか感じを思い出そうと思って』
うん。
『カット割りが書いてある本っていうのがディレクターがね持ってる』
書いてるね。
『それをずっとADさん、助監督さんに借りて』
うん。
『それをずーっと読んでると、みんながそこに集まってきて、みんながそのセリフをどんどんどんどん言ってくの』
うん。
『っていうのをずーっとやってた記憶があります』
ま、じゃあ、リハーサルを、ま、自主練みたいなことを。
『自主練。ずーっと自主練』
は〜。でもこれ美しい話じゃないですか。
『だから、テンポはよかったよね』
は〜。
『非常に』
あれは真央ちゃんがなかなかね。
『うん』
あのー、面白かったな〜と思って。
『真央ちゃんもかわいそうだったよ。その1発でやんなきゃいけないのに、石井さんがギリギリに来て』
あぁ。
『やってくれって言われて。いや、無理だ無理だって言いながら一発でやるからね、あの子は』
あー、それ、つけられた演出を。
『そうそうそう』
あのー、テストの時には言わないで。
『いやいや、あの、言わないでっつうか、ほんとにリアルにここで泣くのか?みたいな』
うんうん。
『リアルに泣け、みたいな(笑)ことでやってましたね』
はー。面白かったよね。
『うん』
あとね、もう1個、それはわりと、まぁ、真央ちゃんがね。
『うん』
面白かったな〜ということも含めみんながこう。
『はい』
出てんのね。やっぱ楽しいですよ、これ、みんなが出てるやつは。
『そうだね。みんなが揃ってるシーンっていうのは面白いね、やっぱり』
これだってね、松本さんのね出てるシーンなんですけど、松本さんがね大奮闘するところがあるんですね。前半で。
『前半で』
だから、もうセリフとかじゃなくてもう動きです。アクション。
『あー、はい。アクションシーン』
かっこよかったですねー、なかなか。
『あれも大変でしたよ』
多分、大変だったと思います。
『はい』
で、1番最初さ、本を渡したかなんかぐらいん時に。
『うん』
俺は、あの、すごくかっこよく、そこをかっこよく見せたい。
『うん』
っていうことを伝えてたんだよね、あの石井監督に。
『石井さん』
で、潤もこれってどれぐらいのもんなのっていうから。
『そうそうそう。わかんなかったからね』
うん。
『だってひどいんだよ、この脚本家さん』
あはは(笑)
『だってそのシーンのところに書いてあるのは、ティアラが奪われるわけですよ』
うん。
『で、ティアラが奪われて謎の男と道明寺のすごい激しいアクションシーンみたいなことしか書いてないわけ』
あははははは(笑)
『んで、その間の描写何も書いてなくて、なんだかんだがあって次のシーンみたいなことが書いてあるんですよ(笑)』
あはははは(笑)
『そのなんだかんだっていうのは何ですか?』
あははは(笑)
『っていうのを俺は全然わかんなくて、石井さんと話してて、石井さんも石井さんでなんか花男史上最高のアクションシーンみたいなことしか言わないわけよ』
あはははは(笑)
『で、そうじゃなくてどういうことが行われるのかを俺に教えてくれっていう状態がずーーっとあったんですよ』
そんで、潤はもしやるんだったら体鍛えなきゃとかイロイロ言ってたな、あの。
『いや、大変でしたよ』
あー。
『だって俺さ、それもすごい話なんだけど』
うん。
『俺にはスタントさん現場来ないんですよ』
ふっ(笑)
『俺いないんですよ、スタントさん』
んふっ(笑)
『なんでかわかんないんだけど』
うん。
『全部やるでしょう、みたいな空気が最初からあり』
うん。
『全然誰もスタンバってないんですよ』
あれさー、現場の、あの、じゃやる前に。
『うん』
けっこうアクションでリハーサルしてたりしてたじゃん。前ん時なんか。
『前、えーとね、でもそれね、パート1の時ぐらいだよ』
F4の死闘編か。F4ケンカのシーン。
『で、いっちばん最初の』
うん。
『パート1の1話で』
うん。
『そのー、僕が、あの、いじめた感じでさ、暴れるシーンと』
あぁ、あぁ。
『その1話の六本木ヒルズの前で』
あぁ〜。
『外でなんか乱闘するシーンみたいな』
あぁ、あぁ。
『ところの2つはリハーサルやったんだけど』
うん。
『それもなんかおかしな話なんだけど』
うん。
『それを見たら、そのアクション指導の辻井さん』
あぁ、はい。
『が、もうリハーサルはいらないと言い始めちゃって』
うん。
『後は全部現場なの』
うん(笑)
『で、あと唯一やったのが、その、パート1の7話ですよ。F4がみんなで乱闘するっていうところは4人がいるからっつって』
はい。
『リハーサルやったり、その、たてつけたりしたんだけど』
うん。
『それ以外は全部現場』
じゃ、今回の映画のやつも、つけてないんだ。
『えーとね』
つけてないじゃなくて、あのー、稽古してないんだ。
『今回の現場は・・・1日前?だよね?1日前にセットが出来上がった状態で「こんなこと考えてます」って現場呼ばれて』
うん。
『やって』
うん。
『段取り覚えて、で、当日やる前に動きもう1回確認してやってぐらい』
へー、けっこうやっぱ大変?
『大変。だって、あのー、ほんとにまるまる1日半やってたからね』
1日半!!
『うん』
はー。
『すごい話があるんだけど、そのスタジオがあったんですよ』
うん。
『で、あまりにも時間がかかりすぎて』
うん。
『1日で撮りきるはずだったものが、その前の日、リハーサルやってたんだよね、その俺が呼ばれて』
うん。
『稽古したりとか含めてリハーサルやって、次の日の午前中から撮り始めて』
うん。
『あれ、おかしいな?おかしいな?おかしいな?って言ってる間に朝の6時ぐらいになってた』
うん。
『で、でも次の日、に、そのシーンをとりあえず撮って、プラス、別セットでもう1個撮んなきゃいけない』
うん。
『で、それはなぜかっていうと次の日からみんな香港に行っちゃうから、その日までに撮らなきゃいけない』
うん。
『で、香港の支度をスタッフが全然してないから』
うん。
『リミットがあって』
うん。
『どうしてもその中で撮んなきゃいけないっつって』
うん。
『朝5時とか6時ぐらいまで、その、アクションシーン撮ってて、次の日も朝8時ぐらいにどうしても始めなきゃいけないっていう状態で』
うん。
『俺スタジオの楽屋に泊まったからね』
あっ、そう!
『うん。帰っても寝れねーやって思って』
うん。
『でっかいソファーみたいのがあるからとりあえずそこでいいやみたいな(笑)』
ふふふふふ(笑)ADさんみたいな。あはははは(笑)
『けっこう切なかったですね』
あはははは(笑) 
 
続きを読む >>
| ゆきの | ラジオレポ | comments(0) |

この記事の内容が役に立った、感想に共感したなどありましたら、 ”ぽちっとな”、して帰って下されば
嬉しいです。 拍手する
←back 1/1 pages next→
☆Back Ground☆
※現在の背景画像は、
2014/7/19〜
Friendship号@インテックス大阪

※過去の背景画像はこちら。

☆Twitter☆


☆Mail Magazine☆
嵐の情報をメールマガジンでも配信しています。 現在、週2回程度の配信頻度。追加情報があれば、随時不定期でも配信します。
「まぐまぐ」への登録は、PC、携帯、スマホでも可。「メルモ」への登録は、携帯または、スマホからお願いします。

「まぐまぐ」への登録・解除は、こちらにアドレスを入力して、送信を押して下さい↓
メルマガ購読・解除
 

「メルモ」への登録・解除はこちらから↓
【嵐庵メール】
空メール登録は こちら

☆Profile☆
メールはこちら
当ブログについて

  ☆諸注意☆
※嵐のメンバーやゲストの名前などは、基本的に、敬称略で書かせて頂いています。ご了承下さい。
※管理人は、基本的にあまりネタばれにこだわらない性格なので、うっかり書いてしまうこともあります。 そういったことに過敏な方は、ご覧にならない方がいいかと思います。
※当ブログの内容を、そのまま(コピー&ペーストレベルで)転載するのはやめて下さいね。
※映像や音源のダビングなどは、一切、致しません。
※宣伝目的や、お名前が未記入のコメントは、内容によっては削除させて頂きます (現在、コメント欄は閉鎖中。上記メールフォームをご利用下さい)

☆Category☆
☆Latest Entry☆
☆Search☆




 ☆LANKING SITE☆
人気ブログランキング
ジャニーズブログランキング
All Johnny's Fan ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 芸能ブログへ

blogram投票ボタン
☆Admin☆
☆Calendar☆
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

 ※未来日付の情報は↓
 アラシゴトCALENDAR

☆発売情報☆
★2014年2月以降★
★2014年1月★
★2013年1月〜12月★
★2012年1月〜12月★
★2011年1月〜12月★
★2009年10月〜2010年12月★
★嵐関連DVD1★
★嵐関連DVD2★
★嵐関連CD★
★嵐関連書籍★
★TV誌など@セブンネット★
★楽天リンク★
★CM関連商品@Amazon★
★TV誌@Fujisan★

★任天堂関連★
☆Links☆
【嵐CMサイト一覧】

−−−−−
※レギュラー番組
【VS嵐】
【嵐にしやがれ】
【相葉マナブ】
【ニノさん】
【今、この顔がスゴい!】
【天才!志村どうぶつ園】
【NEWS ZERO】

【ひみつの嵐ちゃん!】
【嵐の宿題くん】
【Gの嵐】
【Dの嵐】
※ラジオ
【嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス】
【bayfm】
【FM横浜】
※映画
【ピカ☆★☆ンチ】
【MIRACLE デビクロくんの恋と魔法】
※歌番組
【竹内由恵のMステブログ】
【ザ少年倶楽部プレミアム】
【Muisc on・嵐サーチ】
【SSTV/SSTV PLUS・嵐サーチ】


※Amazon、楽天、セブンネット、Fujisanでお買いものされる際は、 下記からどうぞ↓




fujisan.co.jpへ

 ☆ARASHIC BLOGS☆

☆Eco Action☆
☆グリムス(gremz)とは?
1本目「雅紀の木」、
2本目「ニノ木」、
3本目「嵐庵」、
4本目「櫻翔」、
5本目以降「木木人」(もくもくじん)育成中。
☆Mobile☆
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM